我が家の暮らし最適化計画

快適で楽しい暮らし=我が家にとっての「最適化」を目指したいです!

2019年ひとり手帳会議(その1)

ちらほら2019年の手帳が発売される季節になりましたので

次年度の手帳をどうしようか・・と思い、2018年はまだ終わっておりませんが振り返りをしたいと思います。

今年(2018)の手帳振り返り

今年の手帳はSeriaでで購入した108円のものです。

f:id:re-ao:20180914211532j:plain

これを使っていたのですが、現在の使い方を確認 (使うページ使わないページ・必要だったページ・一元化したい情報)を整理して、次回の手帳をどうしようかなぁ?と考えようと思います。


正直手帳は家族構成、配偶者の勤務形態、自身の仕事の有無や種類、好み、性格など ・・・いろいろな要因で使い易いものは違うので次年の自分に合ったものはなんだろうな?と考えています。


また子供が小学校にあがったり、 自分が仕事を始めたりと 生活に変化があると必要なものができてきたりして、いらないものが合ったりするだろうなとは思います。

現在の使い方

全く使っていない、年間ページ
綺麗そのままな年間ページでございます(☆゚∀゚)

f:id:re-ao:20180914211836j:plain

年間予定はどうなっているか?と言うと
こうなっています。

f:id:re-ao:20180914211916j:plain

子供の幼稚園の年間予定のプリントを自宅の複合機
縮小コピーしたものを巻末のフリーページに貼っております。
(※ぼかしているので、非常にわかり辛いですが)

年間予定の他にもコピーを貼っているものは以下のものです

  • PTAの部員名簿
  • PTAの活動内容の表(私がすべきToDoです、役をやってるので)
  • 連絡網
  • 当番表(幼稚園関係)
  • 職場の年間予定
  • 親の職場の休日予定表

など・・必要そうな物がコピーして貼ってあります。

連絡先を確認したいと思った時に出先だったりしますし
PTAの段取りをお迎えに行った園庭の端で、ささっと済ます時に便利なんですよ(笑)


アルバイトのシフト入れる時にも便利です
(親のシフト、園の行事、PTAの仕事がさっと見れると)

だって、わざわざ書き写すのが、面倒臭いですからね。
印刷物と違って、そんなに小さな字も書けないですし。
基本的に横着者なので・・・。(*゚∀゚)っ


今はのりでべったりですが、仮の状態のプリントの時はマスキングテープで貼って置くと差し替えも簡単です。

  • 予定を書き写すのが面倒くさい
  • そもそもこの手帳サイズの年間ページのマス目に綺麗に手書きするのは無理
  • 余った年間予定のページが勿体ないので活用したいなぁと思い気持ちはある

家に貼っておくカレンダーに流用

通常のマンスリーに関していえばA5のみびらき=A4サイズ

みびらきにして、複合機でA4→B5の縮小設定で、B5用紙にコピー。
コピーしたものを家のカレンダーとして冷蔵庫に貼っています。

ここでも書き写す手間がなく、快適です。
家族の情報共有にもいいです。
別にカレンダーを用意してもいいのですが(年末にもらったりもするのですが)手帳とカレンダーの両方に書くのが面倒だし、予定が変わって、うっかり片方だけ直してしまう問題も防げます。

以前に使った&検討した手帳など

ほぼ日手帳

www.1101.com

超有名どころですが、過去に使ったことがあるのは「ほぼ日手帳」です。
とても楽しく使えていたのですが、 辞めてしまったのにも一応理由がございまして・・・。

※使っていたのは子供が小さいとき(まだ入園前で幼稚園の用事や予定もなく、休日のアルバイトにも行っていなかった)です。
もし今後も使うとしたら持ち歩きを考えて、やはり薄型のがいいかなーと思っています。

  • ほぼ日記帳となっていた。日記帳と考えるとすごく高い!
  • 分厚くなるので、持ち運びには向かないだろうと思う。(翌年購入を検討したときは分冊も考えました。)
  • 割と写真の切り貼り&シール&マステを使っていたせいか、分厚くなりすぎてページが開きにくく&書きにくくなっていった。
  • 日記のほかに、その時に調べたことなどもメモしていたが、後でそのメモを探す時には結構大変でした。(※ジャンル毎に分かれていないので、場所がわかりずらい。)
  • なにも書けなかった日の罪悪感がすごかった。(※人によるかと思います。)
  • 持ち歩くことはなく、置き手帳となっていた。

もちろん、よかったなぁと思う事もありました。

  • 予定に関してはそれまでデジタル管理だったので、手書きの楽しさ・ゆるい感じがあった(以前はスマホGoogleカレンダーをベースに家族の予定と一緒に管理していました。アプリの名前は忘れました・・)
  • 調べたことなどはブログなど表にも見える場所に書いていることが多かったですが、ほかの人からも見えるので書いていい事・悪いことがあったので、とりあえず何も考えずに書けるというのは良かった。
  • アナログで自由に書ける感覚は楽しい!

今まで遠ざかっていた、”アナログで何かを書く作業”をこの手帳を買うことによって再び行う習慣ができました。

デジタルツールは本当に便利ですが、年々漢字が書けなくなっていくのを感じていました。

実際に自分の手で文字を書くという事が思ったよりも楽しく、手帳を書くときに分からない字を調べる事で手帳を書き始める前よりは確実に漢字が書ける用になりました。

そして、手帳は本来誰かに見せる為のものではなく、自分の為のものです。
ブログとは違って自由に書ける。


それが書いていて楽しいし、自由に書ける事によってアイディアも生まれやすく
アナログな作業から遠ざかっていた私には新鮮でした。
(※ブログは匿名とは言え、不特定多数の人が閲覧することができますし、著作権の問題や肖像権に留意しなければなしませんし、プライバシーにも配慮しないといけませんよね。)

あな吉手帳術

anakichi-techo.com

次に検討したのは、「あな吉手帳術」です。
ここをみて手帳のリフィルを自作したくなったのですが、意外と揃えるものが多い事と気に入った本体が見つからず(あっても高額だったり)初期費用もかかるので、興味を持ったものの試す事はなく現在に至っています。

主婦のための手帳術という切り口で、共感できる部分も多いです。
部分的に概念を自分のスタイルに合わせて活用できないかなとは思っています。

  • 揃えるものが多く、初期費用がかかりそう
  • 意外とかわいい本体用のファイルが見つからない
  • 独特なコミュニティがある(馴染めない気がする)
  • 付箋はいいのですが、フリクションボールを多用するのは個人的にはあまり好きではない(熱くなる車内とかにうっかり置いたら消えてしまいそう。)
  • リフィルなど手作りするのが楽しそう
  • 主婦のための手帳術という切り口が面白い(予定ではないけど、やることは沢山ある的な)
  • 必要なプリントの置き場が確保できる

結局どうしたいかと言うと

スケジュール管理的には今のところ・・
現在の100円均一のA5サイズ手帳で特に不都合なく過ごしています。


しいて気になるところと言えば、
手帳の表紙の印刷が剥げて来たところくらいでしょうか。

f:id:re-ao:20180914211953j:plain

そして、今どうしようか?と思っているのは 日々の雑記や勉強したことや日記的なものについてを手帳と一緒にするか 別にするかどうかという所です。

※ボロボロになってきたので、昔A5サイズのノートカバー付きのノートを購入して 中のノートを処分したために使っていないカバーがあったので これに入れて使っています。

f:id:re-ao:20180914212010j:plain

f:id:re-ao:20180914212024j:plain

長くなったので続きます!