我が家の暮らし最適化計画

快適で楽しい暮らし=我が家にとっての「最適化」を目指したいです!

2019年の手帳用カバー(B6サイズ)を作ってみました!

手帳用カバー(B6サイズ)を作ってみました!

参考にしたサイトはこちらになります。

www.roomflavor.com

 ちょっと、ポケットを付けてみたいなぁ・・とか、まだ思う所はあったのですが・・。まずは作って使ってみて、不十分なところがあったら自分なりの工夫をして作り直そうかなと思い、取り合えず試作しました。

ほぼ、ご紹介のリンク先の手順とサイズで作成してみました。
ほぼ・・と言うのは、ボンドを使って止める手順の場所でボンドを使いたくなかったので、ボンド接着で輪にするのではなく、端をバイヤステープを使ってくるんで処理しました。

ご紹介のリンク先でも記述がある通り、ペンを収納する部分が閉じる部分になっていて、これが「ほぼ日手帳」風ですね。

完成品

作業工程は、ほぼ一緒なので省きまして完成品はこんな感じになりました。

f:id:re-ao:20181108223027j:plain

先日購入した2019年用の手帳(Seriaで購入したダイアリー2019 B6マンスリーメモ 64P 1月始まり トゥインクルエトワール)と、ダイソーのB6サイズのノート(方眼)を二冊収めるとこんな感じになりました。

手帳を購入した時に入っていた薄いビニールのカバーは外さないと入りませんでした。

ペンは愛用のジェットストリームです。

f:id:re-ao:20181108225644j:plain

f:id:re-ao:20181108225648j:plain
右側に手帳を収め、左側にノートを収めるスタイルです。

薄いノートならば、まだもう一冊くらい入りそうです。

逆に分厚いB6フリーノート368ページはキツキツで変形してしまい、よい感じでは収まりません。

f:id:re-ao:20181108225701j:plain

二冊収めて、上からみるとこんな感じになります!

改良点

  • やっぱりポケットが欲しい
  • ペンを挿す部分が意外とたわんでペンが抜き差しし難い(※素材の問題かも)
  • ペンを挿す部分の処理(端っこを見えない裏側に隠したい、その為にカット数が増えてもやむなし)
  • もっとしっかりと閉じたいので、カラーゴムを挟むなどしたいと思った。

やっぱりお気に入りの生地のカバーは良い

元々カバーを付ける(作るつもり)で購入した手帳でしたが、やはり暫定のカバーよりも手持ちの生地で作ったカバーはいいですね。

その前に、今現在使っているA5サイズのカバー(別のノートからの流用品)の止める部分が壊れたので(マジックテープの粘着がはがれた)こっちも作りたいなぁと思ったのと、ちょっとメモに使っているノートA5のカバーも作りたいと思います。

f:id:re-ao:20181109170902j:plain

マジックテープの相方が本体から剥がれてしまったのです。

意外と作りたいものがいっぱいなので、優先順位を決めてコツコツと作りたいと思います。

実は生地のストックをかなり積んでしまっているので、何とかして減らしたいなぁと思っております。(これはまた後日記事にしたいと思います。)

カバー柄全体像

f:id:re-ao:20181108225651j:plain

カバー表柄

f:id:re-ao:20181108225657j:plain

カバー裏側

f:id:re-ao:20181109171011j:plain

これは最近メモに使っているノート

以前に子供の離乳食用のメモを書いていたのですが、大半余ったまま放置されていて(子供も現在5才なので・・もう必要ない)余白が勿体なかったので、生活系のメモとして使う事にしました。

なので、5年位前にダイソーで購入した
A5サイズのビニールのカバー付きノートです。

最近ダイソーで見かけた記憶がないので、もう売っていないかと思います。
合わせて使うには黒ドット+ごちゃっとした感じの植物柄は中々良い感じですね。

なんて書いていたら、また新しく生地が欲しくなってきてしまいました・・。
お金もないし、今積んでいる生地も消費したいので我慢しなければならないのですが、モノトーンのシンプルめの生地が欲しいです。

2019年ひとり手帳会議(一足お先に日記のアナログ化)

今現在日記をアナログで書いていませんでした。
手帳の事を考えるにあたって、書きたいなぁと思い・・2019年の手帳を使い始める前に「368ノート」を使って取り合えず始めてみる事にしました。

まだ1/1から連用日記にすることも検討中です。
とりあえず書いてみて、考えようと思います。

書き方のルールは使いながら、変えていこうと思います。

他に検討したノート達

実は他にも検討したノートがいくつかありました。

連用日記

前の年と比較が楽しいタイプの日記です。
3年用、5年用、10年用を多く見かけました。

  • 長い間書き続ける事ができるのか不安。
  • 分厚くなりがち。
  • 始めるなら、開始日時は1/1か4/1がいいなと思った。
  • 安価なものもあるけど、ちゃんとしたものは値段が張る(※初期投資の値段)でも使える年数を考えるとお得ではあると思う。
  • 書き続けると、前年との比較が楽しい。
アーティミス 日記帳 3年連用 星座 紺 DP3-SE NV

アーティミス 日記帳 3年連用 星座 紺 DP3-SE NV

 

リーズナブルで可愛いので、もし連用にする場合の第一候補です。
5年連用もあります。3年用を検討中です。
今年は子供の小学校入学もあるので、3×2冊使うと丁度良い気がしています。

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳を日記代わりにする。(価格が高い、始めるなら1/1か4/1)

MIDORIの日記帳

日記帳のラインナップが沢山ありますね。連用日記もありますが、私が注目したのは以下の日記帳です。

  • ミドリ 手帳 日記 スキマ ドット罫
  • デザインフィル 日記帳 ミドリ 日記 きまぐれ

まず、共通するのは毎日書かなくても良いところ
自分で日付を書いて、書きたい時に使える点です。(半端な日付からでも使いやすい


スキマのほうはスペースが決まっています。
きまぐれの方は書きたいだけ、文を書いて・・自分で線を引いて使う感じですね。

ミドリ 手帳 日記 スキマ ドット罫 紺 12862006

ミドリ 手帳 日記 スキマ ドット罫 紺 12862006

 
ミドリ 手帳 日記 きまぐれA ネコ 12871006

ミドリ 手帳 日記 きまぐれA ネコ 12871006

 

B6フリーノート 368ページ

f:id:re-ao:20180914223256j:plainSeriaで購入したノートです。
なので価格は108円で368ページと大容量です。

安価、簡単に手に入るというだけで、書き始める事のハードルがぐっと下がる気がします。「難しい、大変そう=何もしない」よりはハードルを下げて何か始めるって大事だと思うので。

今は簡単に手に入りますが、すごく前に「ほぼ日に似ている」と話題になった時に手に入り難かったような気がします。
使っている人も多く、「368ノート、使い方」の検索でかなりの情報を手に入れて、実際に使っている人が公開している手帳の中身も見る事ができます。

仕様

f:id:re-ao:20180914223345j:plain

クラフト紙の表紙・裏表紙のごくごくシンプルなデザインです。

f:id:re-ao:20180914223425j:plain

厚みもかなりありますので、背表紙もしっかり幅があります。

f:id:re-ao:20180914223539j:plain

f:id:re-ao:20180914223547j:plain

中のノートはこんな感じになっています。(YEAR/Month/Day)と日付を記入する欄が右上、左上にあります。
ページの下部にはToDoが記入できる欄が5行×2列あります。

名称の通り368ページとなっていてサイズはB6(約182×128mm)です。
材質は表紙裏表紙/クラフト紙、中紙/上質紙となっています。
紙質はかなり薄いです。

中紙のペンの試し書きは後で載せていきたいと思います。

2019年の手帳とライフログ用ノートの購入

どうしようかと、迷っていた手帳でしたが今年も100円ショップで購入しました。

ここ数年の手帳の遍歴

  • 2013:再生紙ノート・マンスリー A5サイズ(無印)
  • 2014:通常のB5ノート
  • 2015:ほぼ日手帳 オリジナル(A6文庫サイズ)
  • 2016:A6文庫サイズ(購入先は忘れましたが100円ショップのもの)
  • 2017:B5サイズ(購入先は忘れましたが100円ショップのもの)
  • 2018:A5サイズ(Seria)
  • 2019:B6サイズ(Seria) ※予定

これは主婦&子持ちになってからのものです。

お仕事をしていた時は別の手帳を使った事もありますし、紙を使わずにパソコン&携帯を使いGoogleカレンダー+アプリやソフトなどで、管理して手帳は持っていなかったこともあります。

遍歴を見ていると、一度だけ「ほぼ日手帳」を購入しただけで
後は100円ショップ、普通のB5ノート、無印のマンスリー(※値段を確認したら100円でした。)と超リーズナブルなものばかりでした(笑)

そして、結局来年もSeriaの手帳です。
手帳の選び方はその時のライフスタイルにかなり左右されていたなぁと、見返して思います。

2013再生紙ノート・マンスリー A5サイズ(無印)

子供が誕生した年で手帳とは別に育児ノートを書いていました。
主にお世話の記録(授乳時間、おむつ替え、睡眠などのタイムスケジュール的なもの)

予定は予防接種・検診など限られたものしかなかったので
本当に最低限の予定が分かれば十分だったし書くこともそんなになかったです。
カレンダーも購入して予定を記入して使っていました。

2014 通常のB5ノート

この年も予定はあまりなかったのですが、子供と一緒に行く「子育て支援センター」や「児童館」の月間予定やイベントや休館日などの情報が重要でした。

施設に行くと今月の予定表のプリントをいただくのですが
保管場所に困ったのでノートにのりで貼り使っていました。

予定表をベースにそこに予定を書き加える感じでした。
また都度、調べた情報なども同じ場所に残しておく事が多かったです。
多分この辺りからカレンダーを購入しなくなり、ネットの無料カレンダーをプリントして使う事が多くなりました。

2015 ほぼ日手帳 オリジナル(A6文庫サイズ)

この年は何を思ったのか、急に手帳が欲しくなりネット通販でほぼ日手帳のオリジナルを購入しました。

楽しく使わせていただきましたが、予定管理というよりは中身は完全に「日記」と「雑記帳」でした。

まだ子供が幼稚園入園前なのでそんなに予定はなかったです。
ちなみに日記の中身は子供のことが多かったです。(こんな事をお話した、できるようになった!・・など。)ずっと毎日一緒でしたので、書くことも多かったのです。

2016 A6文庫サイズ(購入先は忘れましたが100円ショップのもの)

幼稚園入園前(プレ)~入園(年少)の年です。
基本的に園の予定を写しているだけでした。
子供と離れている時間が多くなったので、毎日毎日書くほどの事もあまりなく・・淡々と予定を書いていました。マンスリー+ウィークリー両方あるタイプを使っていましたが、ウィークリーの方は書くことがなくて真っ白でした。

この年はPTAも役などはなかったので、淡々と。

2017 B5サイズ(購入先は忘れましたが100円ショップのもの)

現在の使い方にかなり近くなってきました。
マンスリー+巻末のフリーページのシンプルなものでした。

マンスリーだけあればいいと思った事と、記入する欄は大きい方がいいと思ったことでサイズをアップしました。その結果B5サイズに逆戻りしました。

幼稚園(子供の予定、PTAの用事)以外の予定(私のアルバイト、子供の習い事)も増えてきて予定の調整がしやすいように手帳を持ち運びする必要がありました。

この頃からカレンダーに同じ予定を写すのが面倒くさいと感じるようになりました。
後で予定が増えた(変わった)時に手帳かカレンダーの片方だけに書くと、うっかり見落としたりする事もあり「手帳をコピーしてカレンダーとして貼る」という今のスタイルになってきました。

この方法だとB5サイズの手帳の見開きになるので、家にある複合機のプリンターでは反面ずつコピーを取らなくてはならず、面倒だなと思っていました。

次年度は最低でもA5以下のサイズにしようと早々に思いました。
また年間通して必要な幼稚園のお便り(当番表、連絡網、4月に一斉に配られるお誕生会関連のお知らせなど)の保管場所としても使っていました。

縮小コピーして貼り付けして、原本は破棄していました。

2018 A5サイズ(Seria)

現在使っている途中の手帳です。
(マンスリー+巻末フリーページ) カレンダーとして使う為のコピーが一回で取れるようにサイズダウンした事で快適になりました。
(※見開きでA4サイズ→縮小をかけてB5にコピーしたものをカレンダーとして利用中) 鞄に入れて持ち運びやすくなりました。

使い方は2017年から余り変わっていません。

2019 B6サイズ (Seria) ※予定

持ち運びを重視して更にサイズダウンしてB6サイズにしました。

コピーも原寸で取る予定。
多分これ以上サイズダウンすると、書くスペース的にマンスリーのみの手帳メインでは使い難くなるかなと思います。

2019年用に購入した手帳を見ていきましょう

購入した手帳で今年と違う点サイズページ構成です。

f:id:re-ao:20180914213832j:plain
サイズは一回り小さいB6にしました。

ページ構成ですが、今年使っている手帳はマンスリーのページが前年10月~翌年3月まであります。 (前年3カ月+1年分+翌年3カ月の構成)

今年から次年度の手帳に持ち替える中で、使わないマンスリーのページが紛らわしく邪魔かなと思いました。

Seriaで手帳を物色しているときにマンスリーがメインのタイプのB6の手帳では殆どがこの(前年3カ月+1年分+翌年3カ月の構成)タイプのものでした。

(※早めに次年度の手帳に変えたい時や、1月始まりの手帳を使っていたけど4月始まりのものに変更する際にはかなり便利かと思います。)

その中にひっそりと置いてあったのがこの手帳でした。

ダイアリー2019 B6マンスリーメモ 64P 1月始まり トゥインクルエトワール

  • 年間一覧:2019・2020
  • 年間スケジュール:2019
  • マンスリー:2019.1~2020.1
  • お付き合いの記録
  • メモ(罫線・ドット)


正直、表紙の柄はあまり好みではないのですが
カバーを掛けて使う予定なので中身の構成を重視してこれにしました。

私が行ったSeriaの店舗ではこの構成の手帳はこれと色違い(白色)のものしか置いてありませんでした。

そして、メモページがマンスリーの次のページに2ページ(見開き)である構成になっています。

なので月に付随するメモはその場所に書き
年間通して必要なメモは巻末のメモ(これがちょっと少なくて5ページ)を活用したいなと思っています。

ページが足りない部分はプリントしたものをのりで貼ってもいいかなと思います。

上記のとてもシンプルな構成だけあって、すごく薄くて軽いです。

来年より子供が小学校にあがり(学童に入れて、習い事も増やす予定)
パートですが私も社会復帰の予定ですので今年とは違う使い方をした方が良い場面も出てくるのではないかと思います。

それはその時になってみないと分かりませんので、また検討していきたいと思います。

f:id:re-ao:20180914214710j:plain

表紙裏

f:id:re-ao:20180914214734j:plain

年間一覧

f:id:re-ao:20180914214756j:plain

年間スケジュール

f:id:re-ao:20180914214602j:plain

マンスリーページ

f:id:re-ao:20180914215519j:plain

メモ(罫線)

f:id:re-ao:20180914215629j:plain

メモ(ドット)

f:id:re-ao:20180914215016j:plain

お付き合いの記録

メインの手帳以外に購入したもの

今までに使っていないサイズでしたので、手帳用のカバー(B6サイズ)とB6サイズのノートを何冊か購入しました。

f:id:re-ao:20180914222733j:plain
B6サイズのノートについてはまだ使い方を決めていないものもあります。
また記録するものによって、使いやすい厚さや罫線の有り無しや幅があるので新しく購入するかも知れません。

基本的に手帳カバーにメインの手帳(ダイアリー2019 B6マンスリーメモ 64P 1月始まり トゥインクルエトワール )+薄いB6サイズのノート2冊セットして持ち運びにしようかと思っています。

手帳カバー

f:id:re-ao:20180914222835j:plain

これも暫定のもので、時間があったら自分で作りたいと思っています。
ペン類や付箋などの持ち運び、お便りの一時保管に便利だと思います。

B6ノート1(B6 フリーノート 368ページ)

何も考えずに手に取りましたが、何かに使いたいと思います。
フリーノート 368ページは厚すぎるので家置きにしたいです。

B6ノート2(B6 中綴じノート 64P カラフルオーシャン)

可愛いですが、罫線なし方眼もなしです。まだ迷っていますが、子供の読書(絵本)に使いたいなぁと思いました。
書き方のルールはまだハッキリ決まっていません(笑)

2019年ひとり手帳会議(その2)

前回、スケジュール管理的にはマンスリーの手帳で不都合ない
と書いたのですが、その他の部分でどうしようかな?と思っています。


今の生活スタイル&およびアルバイトの4月のからの勤務形態的には手帳に書く中身は大差がないかと思います。
私は迷っているのは、その他のライフログ的なものに関してです。

  • シンプルに日記
  • その日のご飯など
  • 庭仕事カレンダー
  • 読書記録
  • 勉強してることのまとめ
  • 単純にメモなど

上記の扱い(まとめ方)についてです。

どこまで手帳に書いて、どこから書かない(別にノートなどを用意するか?)のかを迷っています。

ざっと見て、日付と紐づいているのは「日記」「ごはん」「庭仕事カレンダー(この時期にこれを植えてとか)」でしょうか。

広い意味だと、読書記録も「本を読んだ日」というのがありますが、情報の中で読んだ日はあまり重要でなくて中身や何を読んでどう思ったか?などですから、別管理でもいいかな?とも思います。

しかし、そんなに沢山の数を読まないとなると
新しく別のノートを割り充てるよりも手帳の端っこでも十分な気もしています。
ジャンルごとのノートが増えすぎても管理が面倒ですし。

日記

まずは日記に関してです。
基本的にひと言日記位の緩い感じで十分かなと思っています(それ以上は書く事が無いかも知れませんね。)

ですが、イベント事(子供の誕生日や、運動会など)の場合は凄く内容が多くなりそうですし、写真を貼ったりもしたいです。


もし手帳に書くなら、ウィークリーのページなどを使うと一体化できそうですが、きっとこの部分が、嵩張り、イベントの時には欄が足りない!なんて問題もありそうです。

そして、外でスケジュール確認の際に人に見られると恥ずかしいかも。
これは手帳とは別に用意して、沢山書きたい事があるときに書いた方がいいのでは・・
と少し思いました。

どんなものにするかは要検討ですね。

ごはん日記的な

これは記録に残しておきたいというよりも、節約に役立てたい、食材管理、次年度の同じ時期にメニューを考えるのを楽にしたい!という気持ちなのです。
自分が記録を書いていけるか?は自信がないのですが、理想は(あくまで理想です)は・・・ぽんたのーとさん!

本当に素敵なので、是非見てみてください

ameblo.jp

ぽんたのーと 
ぽんたのーと内の「献立ノート」テーマ

こんな感じで記録できたらいいなと思っていますが、ちょっと私には続けられないかなと思っています。


もし、ぽんたのーとさんの献立ノートを参考に記録していくとしたら
ウィークリー+1ページ(自由記入)で見開きになっている手帳があったら
手帳1冊で完結できそうなんですよね。

ただ、私が記録できなくてウィークリーが真っ白になったら
スペースを埋められなかった、罪悪感が凄そうです。

同じ季節の献立を考えるのに活用をしたいという気持ちが強いです。
手に入る野菜が季節ごとに違うので、消費を兼ねて、同じような時期に、同じ作物・・・となりますよね。
去年の手帳をみたら、メニューを考えるのが楽になるのでは?(というか、楽にしたい)と思います。

レシピブックの整理と合わせて、また方法を見直したいと思います。

庭仕事カレンダー

植え付けの時期や、その時期ごとの作業、管理方法、収穫状況などを
まとめて次年度参考にしたいなぁと思うのです。

ただこれは年間通してではなくて
春から夏(せいぜい秋)がメインで書く時期になります。

手帳がいいのか、別ノートがいいのか悩むところです。
(手帳のフリーページをうまく使ってもいいのか?)

ついでに、4月からのお仕事の勉強を少し兼ねるところでもあります。
野菜の栽培はメインではないのですが、野菜の苗も販売していますし
聞かれることもあると思います。
と思うと、仕事関係の勉強ノートと別にした方がいいか・・さらに悩みます。

まぁ、なんらかの方法で記述して行くことにはなると思います。

読書記録

これは読書メータにて管理していましたが
ブログでも書くかさらにはノートにも書くか・・どうしようかな?
と考えております。

後で見返す時には読書メータもいいのですが、感想などにネタばれを含んでいたり忌憚ない感想や、自分の為のメモにするには別管理がいいのかなと思います。

合わせて子供向けの読書ノートの記述も考えたいと思います。

勉強していることのまとめ

パソコン関係のツールの使い方だったり
裁縫&編み物など手芸関連など。
あと、植物の管理方法も要勉強ですね。

割と興味のある分野は多いのですが、知識が浅いので 勉強していけたらなぁと思います。

一旦まとめ

まだ悩み中ですが

予定の管理用として
「薄いサイズのA5、マンスリーがメインの手帳」

日記および、ごはん日記的な用途
「A5サイズの普通のノート」

できれば、2冊同時にも持ち歩けるようにA5サイズの2冊入るノートカバーを使う
※勉強用などは別ノートにして必要に応じてカバーに収納して使う感じがいいのかな?と思います。

まだまだ時間はありますのでもう少し考えてみようと思います。

書き忘れましたが、最近体重増加が著しく・・
子供にお母さんのお腹・・的なことを言われ、結構ショックを受けているので 減量がてら使っていない年間ページを体重管理に使うのもいいかなと思います。 (うっかり、人に見られたら地獄ですけどね( ;∀;))

2019年ひとり手帳会議(その1)

ちらほら2019年の手帳が発売される季節になりましたので

次年度の手帳をどうしようか・・と思い、2018年はまだ終わっておりませんが振り返りをしたいと思います。

今年(2018)の手帳振り返り

今年の手帳はSeriaでで購入した108円のものです。

f:id:re-ao:20180914211532j:plain

これを使っていたのですが、現在の使い方を確認 (使うページ使わないページ・必要だったページ・一元化したい情報)を整理して、次回の手帳をどうしようかなぁ?と考えようと思います。


正直手帳は家族構成、配偶者の勤務形態、自身の仕事の有無や種類、好み、性格など ・・・いろいろな要因で使い易いものは違うので次年の自分に合ったものはなんだろうな?と考えています。


また子供が小学校にあがったり、 自分が仕事を始めたりと 生活に変化があると必要なものができてきたりして、いらないものが合ったりするだろうなとは思います。

現在の使い方

全く使っていない、年間ページ
綺麗そのままな年間ページでございます(☆゚∀゚)

f:id:re-ao:20180914211836j:plain

年間予定はどうなっているか?と言うと
こうなっています。

f:id:re-ao:20180914211916j:plain

子供の幼稚園の年間予定のプリントを自宅の複合機
縮小コピーしたものを巻末のフリーページに貼っております。
(※ぼかしているので、非常にわかり辛いですが)

年間予定の他にもコピーを貼っているものは以下のものです

  • PTAの部員名簿
  • PTAの活動内容の表(私がすべきToDoです、役をやってるので)
  • 連絡網
  • 当番表(幼稚園関係)
  • 職場の年間予定
  • 親の職場の休日予定表

など・・必要そうな物がコピーして貼ってあります。

連絡先を確認したいと思った時に出先だったりしますし
PTAの段取りをお迎えに行った園庭の端で、ささっと済ます時に便利なんですよ(笑)


アルバイトのシフト入れる時にも便利です
(親のシフト、園の行事、PTAの仕事がさっと見れると)

だって、わざわざ書き写すのが、面倒臭いですからね。
印刷物と違って、そんなに小さな字も書けないですし。
基本的に横着者なので・・・。(*゚∀゚)っ


今はのりでべったりですが、仮の状態のプリントの時はマスキングテープで貼って置くと差し替えも簡単です。

  • 予定を書き写すのが面倒くさい
  • そもそもこの手帳サイズの年間ページのマス目に綺麗に手書きするのは無理
  • 余った年間予定のページが勿体ないので活用したいなぁと思い気持ちはある

家に貼っておくカレンダーに流用

通常のマンスリーに関していえばA5のみびらき=A4サイズ

みびらきにして、複合機でA4→B5の縮小設定で、B5用紙にコピー。
コピーしたものを家のカレンダーとして冷蔵庫に貼っています。

ここでも書き写す手間がなく、快適です。
家族の情報共有にもいいです。
別にカレンダーを用意してもいいのですが(年末にもらったりもするのですが)手帳とカレンダーの両方に書くのが面倒だし、予定が変わって、うっかり片方だけ直してしまう問題も防げます。

以前に使った&検討した手帳など

ほぼ日手帳

www.1101.com

超有名どころですが、過去に使ったことがあるのは「ほぼ日手帳」です。
とても楽しく使えていたのですが、 辞めてしまったのにも一応理由がございまして・・・。

※使っていたのは子供が小さいとき(まだ入園前で幼稚園の用事や予定もなく、休日のアルバイトにも行っていなかった)です。
もし今後も使うとしたら持ち歩きを考えて、やはり薄型のがいいかなーと思っています。

  • ほぼ日記帳となっていた。日記帳と考えるとすごく高い!
  • 分厚くなるので、持ち運びには向かないだろうと思う。(翌年購入を検討したときは分冊も考えました。)
  • 割と写真の切り貼り&シール&マステを使っていたせいか、分厚くなりすぎてページが開きにくく&書きにくくなっていった。
  • 日記のほかに、その時に調べたことなどもメモしていたが、後でそのメモを探す時には結構大変でした。(※ジャンル毎に分かれていないので、場所がわかりずらい。)
  • なにも書けなかった日の罪悪感がすごかった。(※人によるかと思います。)
  • 持ち歩くことはなく、置き手帳となっていた。

もちろん、よかったなぁと思う事もありました。

  • 予定に関してはそれまでデジタル管理だったので、手書きの楽しさ・ゆるい感じがあった(以前はスマホGoogleカレンダーをベースに家族の予定と一緒に管理していました。アプリの名前は忘れました・・)
  • 調べたことなどはブログなど表にも見える場所に書いていることが多かったですが、ほかの人からも見えるので書いていい事・悪いことがあったので、とりあえず何も考えずに書けるというのは良かった。
  • アナログで自由に書ける感覚は楽しい!

今まで遠ざかっていた、”アナログで何かを書く作業”をこの手帳を買うことによって再び行う習慣ができました。

デジタルツールは本当に便利ですが、年々漢字が書けなくなっていくのを感じていました。

実際に自分の手で文字を書くという事が思ったよりも楽しく、手帳を書くときに分からない字を調べる事で手帳を書き始める前よりは確実に漢字が書ける用になりました。

そして、手帳は本来誰かに見せる為のものではなく、自分の為のものです。
ブログとは違って自由に書ける。


それが書いていて楽しいし、自由に書ける事によってアイディアも生まれやすく
アナログな作業から遠ざかっていた私には新鮮でした。
(※ブログは匿名とは言え、不特定多数の人が閲覧することができますし、著作権の問題や肖像権に留意しなければなしませんし、プライバシーにも配慮しないといけませんよね。)

あな吉手帳術

anakichi-techo.com

次に検討したのは、「あな吉手帳術」です。
ここをみて手帳のリフィルを自作したくなったのですが、意外と揃えるものが多い事と気に入った本体が見つからず(あっても高額だったり)初期費用もかかるので、興味を持ったものの試す事はなく現在に至っています。

主婦のための手帳術という切り口で、共感できる部分も多いです。
部分的に概念を自分のスタイルに合わせて活用できないかなとは思っています。

  • 揃えるものが多く、初期費用がかかりそう
  • 意外とかわいい本体用のファイルが見つからない
  • 独特なコミュニティがある(馴染めない気がする)
  • 付箋はいいのですが、フリクションボールを多用するのは個人的にはあまり好きではない(熱くなる車内とかにうっかり置いたら消えてしまいそう。)
  • リフィルなど手作りするのが楽しそう
  • 主婦のための手帳術という切り口が面白い(予定ではないけど、やることは沢山ある的な)
  • 必要なプリントの置き場が確保できる

結局どうしたいかと言うと

スケジュール管理的には今のところ・・
現在の100円均一のA5サイズ手帳で特に不都合なく過ごしています。


しいて気になるところと言えば、
手帳の表紙の印刷が剥げて来たところくらいでしょうか。

f:id:re-ao:20180914211953j:plain

そして、今どうしようか?と思っているのは 日々の雑記や勉強したことや日記的なものについてを手帳と一緒にするか 別にするかどうかという所です。

※ボロボロになってきたので、昔A5サイズのノートカバー付きのノートを購入して 中のノートを処分したために使っていないカバーがあったので これに入れて使っています。

f:id:re-ao:20180914212010j:plain

f:id:re-ao:20180914212024j:plain

長くなったので続きます!

はじめに

自己紹介と我が家の紹介

あお(ao)碧

雪国在住の主婦。
ときどきアルバイト(来年度からパート)&基本多趣味。
オタク気質、収集癖あり、基本めんどくさがり屋。
何か作るのは好きです。

同居家族は私・主人・長男の3人の核家族


日々生活に関する事を学習しながら、
快適で楽しい暮らし=我が家にとっての「最適化」を目指したいと思います。

お金は持っていないので、節約大事!
・・ですが無理してギスギスにならない”程々”に頑張りたいです。